夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~一覧

夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~の感想と思ったこと

キモい男と美しい人妻のエロい寝とりを体感することが出来るのが「夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~」です。夫が獄中にいる人妻はあまりにも美しく、周りの男はいい感じにみんなキモいというのがエロさを強調しているように感じます。
人妻の息子さえも子供とは思えないほど気持ち悪い容姿で、その息子を守るために人妻が大家の息子に抱かれていくのですが、始めは必死に抵抗をしていた人妻が貧乏がゆえに嫌がりながらも大家の息子に抱かれる他選択肢がないため、強がりながら抱かれていくのはゾクゾクさせられます。大家の息子は童貞のような顔をしてテクニシャンで、不細工な男というのは変態じみた性癖があるという先入観から、ものすごいエロを堪能できると、序盤から期待度が高まります。
大家の息子という強い立場の自分に、牢獄に夫がいる人妻はなかなか靡かないどころか、セックスに誘ったことでビンタをしてくるという屈辱を与えられた大家の息子が、逆襲のように人妻の弱味を握って断らせない状況に陥らせる執念はさすがです。さっさとセックスを済ませたい人妻が抱かれる前になってもまだ強がっているなかで、童貞のような男から喘がせられるシーンは壮快です。

本作の気に入っているところは「ストーリー」です。

旦那が獄中におり、妻一人で仕事をしながら息子を育てていくが、稼ぎが少なく貧乏を余儀なくされています。妻はナイスボディの持ち主で、それを見た大家の息子が、家賃免除の代わりに体を要求してきます。最初は拒んでいましたが、家計が苦しく、家賃免除されれば少しでも楽になると思い、妻は大家の息子に体を許してしまいます。普通のセックスならいいのですが、その大家の息子は「アブノーマル」なプレイばかりです。その大家の息子の変態プレイは読んでいて「エロい」と感じますし、哀愁が出ている妻の色気も好きです。

わたし的な感想なのですが、エロに関わらない絵が雑すぎるのは残念です。いくら貧乏だとしても、あんなガリガリの息子がいるかと感じてしまいました。

気に入っているシーンとしては「バナナを咥えながら犯されている」ところ。妻もなんだかんだ言いながらも大家の息子のあそこに虜になってしまっている感じが良く出てて、興奮しました。大家の息子が気持ち悪いので、綺麗な者同士のセックスを見たい人にはあまりおすすめできない作品だと感じました。