美人面犬の飼い方一覧

美人面犬の飼い方の感想と思ったこと

どうもー!

「美人面犬の飼い方」を読みましたので感想をまとめてみたいと思います。

美人面犬の飼い方を読んでみた感想①

顔は美人で体は犬という特殊な体をしている美人面犬と飼い主でありながら弟のような存在で思春期真っ盛りの男が、犬でありながらも人間と同じようなイヤらしい体を持っていて、言葉もしゃべるという特殊すぎる美人犬に欲情し、こっそりとオナホールのような扱いをしているという、特異なストーリーに始めは戸惑ったものの、散歩中にプリプリとしている犬のお尻を見てムラムラしてしまい、エッチのお願いをし、従順に言うことを聞いてしまい、仕方ないなと橋のしたに行き、エロいことを要求されるがままに受け入れてしまうというのが見ていて複雑な気持ちにもなってしまいます。
獣人ものが好きな人にはたまらないストーリーかもしれません。慣れていない人は顔は人間なので顔に集中し、姉と弟の設定のような感覚でも楽しむことができます。家族に内緒でベットで欲望を満たしてもらうという設定には近親相姦のような感覚に陥り、従順で身軽な美人犬をリアルなオナアイテムのような手軽な感覚でセックスを楽しむ感じであるものの、リアルな描写でセックスを楽しめるので段々と体が犬ということを忘れてしまいそうに姉のような犬のからだのペットに欲望していく姿から目が離せませんでした。

美人面犬の飼い方を読んでみた感想②

顔は人間で体は犬という姉のようでペットの美人犬に欲情し、こっそりとオナアイテムとして可愛がっている弟のような存在の男との微妙な関係が楽しめるのが、「美人面犬の飼い方」です。思春期となり、エッチに興味を持つことになった男が、ペット兼姉である美人犬にも人間と同じように穴があり、おっぱいもあるということに気がつき、欲望のままに穴やおっぱいのお世話になるという、異色のストーリーですが、犬だからこそのエロシーンがあるのも見逃せません。
自分の性器を舐めて欲しいと美人犬に突きだし、臭くて不味いものを舐めたくないと言いながらも、舐めながら嬉しそうに尻尾を振るということで嬉しさを表してしまっている姿を眺めながらうれしいくせにと腹のなかで思っているのも犬設定を活かしてあるエロ設定で、エロさとユーモアを感じられました。
モフモフの体を抱きながら、さまざまな意味で気持ちいいと快楽に浸り、完璧に性処理としての道具としての認識でありながら、ちょっとずつ心引かれていく姿を楽しむことができます。犬という設定に始めは戸惑いながら、エロい気持ちになれるだろうかと思ったのですが、段々と二人のセックスに夢中になってしまいました。